サラリーマン心理カウンセラーの日記

心理カウンセラーが語る 日々輝きながら働くための処方箋 しんどくなったら、大きく深呼吸してみよう

魔法の鏡は子供の本心を映す鏡

こんにちは!

サラリーマン心理カウンセラーです。

f:id:ECOUNSELOR:20190921025026j:image

「鏡よ鏡世界で1番美しいのは誰?」で

有名な白雪姫。

このグリム童話を心理学的に

分析したブルーノ・ベッテルハイムという

フロイト派の心理学者がいます。

 

この童話は、白雪姫に対するお妃の

嫉妬から始まります。

「どうして子供を愛する親ではないのか」と

いうことに、ベッテルハイムは着目し、

子供が「親なんていないほうがいい」と、

心の奥で思う心理状態が反映されていると

考えたのでした。

 

子供は成長するにつれて、無意識のうちに

親から自立しようとします。

自分を束縛するものに抵抗するわけです。

でも親がいなければ、生きていけないのが事実。

それに親を否定することには罪悪感を感じてしまいます。

 

そこで子供がいなくなればいいと思ってるのは

親の方だと、都合の良いように解釈する心理が

子供に働くと言うのです。

 

 

童話やおとぎ話には子供を捨てたり

ないがしろにする恐ろしい話が

度々登場します。

親が子供を捨てる「ヘンゼルとグレーテル

継母にいじめられる「シンデレラ」などの

童話が語り継がれているのも、

親に捨てられることで自由になれることへの

憧れが子供の心を捉えているのかも

しれません。

 

さて白雪姫の話に戻りますが、

お妃が、「世界で1番美しいのは誰?」と

問いかける鏡についてもベッテルハイムは

子供の心理の反映説を打ち出しています。

 

以前はお妃自信を写していた鏡は、

白雪姫を映し出すようになります。

 

ベッテルハイムに言わせると、これは

幼い頃は、自分が母親が世界一美しいと

思っているけれど、成長するにつれて

自分の方が母よりも、ずっと若くて美しい

ことに気づく子供の心理を表しているそうです。

女性ならいちどは経験したことがあると思いますが、

思春期の頃、母親のことをセンスがないと感じたり、

歳をとっても母親のようにはなりたくない、

と感じた事はありませんか。

男性だったそうです。父親よりも

自分のほうが絶対に立派な男になってみせる、

そんな風に思った経験があるのではないでしょうか。

 

そうした親を否定し、自立したいという

欲求が、白雪姫の鏡に映し出されたわけです。

 

 

そして、最後にお妃が死に、白雪姫は親の

束縛から解放されるのでした。

 

普通なら親が死んだら悲しむのが当然。

それなのに、白雪姫の物語のように、

親を悪者にして制裁加えることで、

子供はなぜか開放感に満ちた気持ちに

なるわけです。

これが本当の親だと問題がありますから、

物語では意地悪な継母などに置き換えて、

道徳的にも納得のいくように配慮されています。

 

こうしてみると「白雪姫」を何度も読み返す子供の心理が少しわかるような気がしますね。

どうやら子供には、親に依存したいという

思い出だけではなく、その裏に親を超えたい、

親から離れたいと言う願望も

幼い頃から芽生えているようです。

 

心理的な駆け引きに勝つ!?

こんにちは!

サラリーマン心理カウンセラーです。

f:id:ECOUNSELOR:20190920055802j:image

今日は野球の話からスタートです。

 

野球の花形はなんといってもピッチャーですが、

それを支える、キャッチャーも忘れてはなりません。

特に名捕手と言われる選手は、

バッターとの心理的な駆け引きが絶妙です。

 

例えば、速球のストレートが苦手な選手が

バッターボックスに入っていたとします。

 

当然、ストレートで責められると

予測するでしょう。

確かに名捕手も苦手なストレートを

考えるでしょうが、いくらストレートが

苦手とは言え、ストレートを

予想しているバッターにそれを投げるのは

どうでしょうか。

相手打者が1番嫌なのは、

予想している苦手なストレートよりも、

むしろ予期せぬ変化球なのです。

その変化球を投げさせるリードをするのが、

名捕手なのです。

 

その根本にあるのは、

あくまでも相手の立場に立った配球です。

また、闇雲に打者を討ち取りたいと考えず、

討ち取るにはどうすればいいかということを

考えているといえます。

 

日常の交渉ごとでも、これを応用して

考えれば、心理的に優位に立てるはずです。

つまり、自分の要求を通すことばかり考えず、

相手の立場に立って、どうすれば相手を

自分のペースに持っていけるかを

考えればいいのです。

 

このように、相手の立場に立って、

どうすれば好結果が出るかということを考えることを

アウトプット思考」と言います。

反対に自分の立場のみ物事を考えることを

インプット思考」と呼びます。

つまり何か交渉事をするときには、相手の立場に立って、

どうすれば相手が喜ぶか、また、

どうすれば相手が嫌がるかを考えることをすれば、

良い結果が得られる可能性が高いわけです。

夢や希望を持たないと幸せにはなれないよ!

こんにちは!

サラリーマン心理カウンセラーです。

f:id:ECOUNSELOR:20190919070759j:image

今日希望や夢のお話。

-------------------------------------------------------

ある時、神様がこの世に存在する「善」の

全てをかき集め、壺に入れ、蓋をしました。

そして、

「絶対に蓋を開けてはならんぞ」と

言いながら、ある男にその壺を預けました。

 

ところが、その男は壺の中に

何が入っているか知りたくてたまらなくなり、

少しだけ蓋を開けて中を覗き込みました。

すると、中に入っていった善は次々と

隙間から出て行ってしまいました。

あわてて男が蓋をすると、

かろうじて残ったのが「希望」でした。

でも唯一残ったのが希望だった事は

人々にとって救いでした。

「出て行った善がいつか帰ってくる」

人々の心に励みになったからです。

-------------------------------------------------------

この話の言いたい事は、

人生の意義は夢や願望を描くことにあると

いうことです。

 

なぜ夢を描くのがそこまで重要なのでしょうか。

 

1つはなりたい自分やかなえたい願望を

強く心に描き続けていると

プラスの想念を潜在意識に

インプットし続けることになるため

日常の言動が生き生きとしてくるのです。

 

顔の表情、言葉遣い、態度、行動などが

ポジティブになるため、

他人にも笑顔で朗らかに

明るく接することができるになり、

結果として誰からも好かれるようになります。

したがって周囲の援助や協力が得られ、

人生が好転すると言うわけです。

 

2つ目は、夢を描くことにより、

イメージが明確となるため、

それに一歩でも二歩でも近づこうと

積極的に行動できるようになる点が

指摘できます。

誰かに命令され、いやいや行動するとは違い、

そこには向上心や探究心、

創意工夫などが伴い、

いいことずくめで邁進できるため、

結果として、成功の可能性が

高まるようになるのです。

 

3つ目は、その夢が真剣であればあるほど、

想念にもパワーが伴うようになり、

そのパワーが自信と勇気を呼び起こし、

ひいては情熱と信念まで強めてくれるように

なります。

そうなれば潜在意識に強い働きかけを

することになります。

したがって、自分でもびっくりするほどの力が

発揮できるなのです。

 

ただし闇雲に夢を描けばいいというものでは

ありません。

そうなればいいなぁと漠然と

思っているだけでは、

想念にパワーが伴わないため、

潜在意識への働きかけも弱くなって

しまいます。

そうなると自信や勇気もみなぎらず、

信念も揺らいでしまい、

些細なトラブルやアクシデントに

遭遇するだけで、

「自分には無理だ。やっぱり、やめた」と

いうことになってしまうのです。

 

自分の夢がなんだかわからないと言う人、

あるいは漠然とした夢しか描けないという人は、

大上段に構えず、自分の天職や

興味・関心ごとを踏まえて、

少しでも自分の生きがい、

つまり自己実現にもつながる

等身大の願望に焦点を定めてみては

いかがでしょう。

「希望さえ捨てなければ幸せは必ず戻ってくる」

と信じて日々を過ごしたいと思います。

時には立ち止まって見ませんか?

こんにちは!

サラリーマン心理カウンセラーです。

f:id:ECOUNSELOR:20190917210709p:image

 

今日は「うさぎとかめ」のお話です

 

「知ってるわーそんな話」

「子どもじゃあるまいし。」

 

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも案外これがイソップ寓話だということを

知らない人もいます。

 

そしてそれを改めて読むと、

人生を生きていく上での心構えや

もっと心を軽くするということの

教訓が隠れていることに気づくのです。

 

話はー

足自慢のうさぎとかめが走る競争をした。

うさぎはかめのずっと先を走ってることに

気づき、かめが来るまで休憩してしまおうと

考えた。

ところがうさぎは寝坊して

かめの方が先にゴールしたというご存知の

お話

 

 

この話は

「真面目にコツコツと努力を

積み重ねでいれば、大願成就を

果たすことができる」

「どんなに才能があっても、

油断をすると努力する人には勝てない」

といったことを意味しているわけです。

 

そして次のようにも解釈できるのでは

ないでしょうか?

 

「夢・願望の実現や成功のゴール目指して、

がむしゃらに突っ走るばかりが人生じゃない。

身体を壊し途中でダウンしようものなら、

それまでの努力も、輝く未来も、

水泡に帰してしまう。だから、

かめようにマイペースで動き、

過度に心身を酷してはならない」

 

会社生活では「今がチャンス」「ここぞ!」と

いう時以外は、イソップ物語に登場する

かめように、あせらず、マイペースで

無理なく進むことも大切です。

要は、いきなり成果を出そうとせずに、

自分のできる範囲でコツコツと努力を

積み重ねていくのです。

そうすれば、一見困難に見える

ことであっても、

いつしか可能性が生まれ、

ついには勝利の美酒を味わうことができる?

ようになるのです。

 

ところで、今「自分はどちらかと言えば、

とびはねすぎて疲れてしまった

ウサギと同じだな」と考えている人は、

ゆっくりと休息を取るか、

休暇を思いっきりエンジョイするなどして、

体をいたわってあげましょう。

趣味やスポーツなどに没頭し、

ストレスを発散するのもいいかもしれません。

 

このように、激務から解放し心身を休ませ、

自分の心の洗濯をしてあげることも、

この大変な人生を切り開くためには

必要なことなのです。

 

これから先に起こることをくよくよ心配していませんか?

こんにちは!

サラリーマン心理カウンセラーです。

f:id:ECOUNSELOR:20190917072329j:image

夏が過ぎ、もう秋なのに

暑い日が続いていますが、

いかがお過ごしですか?

 

こんな話があります。

 

—————————————————

ある夏の日、

太陽が結婚するという噂が流れ、

小鳥や小動物たちは大喜びして

お祝いの会を開きました。

しかし、どういうわけかカエルだけは

浮かぬ表情しています。

カエルに訳を聞くとこう言いました。

「浮かれている場合じゃない。

太陽が結婚したら、大変なことになるぞ。

ただでさえこんなに暑いのに、

子供でもできたら、

もっと暑くなるかもしれない。

そうしたら、川が干上がって

みんなカラカラになっちゃう。

俺たちカエルも生きていけなくなる」

——————————————————

 

この世の中には、取り越し苦労で

人生をつまらなくしている人が

多々いるように見受けられます。

 

「もしも癌になって死んだらどうしよう」

「リストラにあい、会社をクビになったらどうしよう」

「恋人に嫌われ、振られてしまったらどうしよう」など、

いくら考えても解決しようがない問題で

頭を抱えている人がその典型です。

 

もっと重症の人になると、

「海外に旅行へ行くのが怖い。飛行機落ちたらどうしよう。現地で体を壊したらどうしよう」

「彼女とドライブに出かけて交通事故を起こしたらどうしよう」など、

せっかくの楽しみでさえも、

悪い方へ悪い方へと解釈するようになります。

 

よくリスク回避ということで、

何かことを起こす場合最悪の事態に遭遇した

ケースを予測して、

それなりの対策を考えたり、

用心することに越したことがありますし、

それにこしたことはありません。

 

場合によっては、それこそ最新の注意を

払わなくてはならないこともあります。

しかし、これはいつでも、考えるべき問題、

あるいは考えれば解決する問題であり、

考えるだけ無駄で一銭の得にもならない

取り越し苦労とは意味合いが違うのです。

 

そこで、考えても解決せず何の対処もできない問題については、

なるようにしかならない」ぐらいに

思っておきましょう。

なるようにしかならないのなら、

くよくよしても始まらない。

それなら、「我が身も我心も天に任せてしまおう」位の気持ちでいいのです

 

取り越し苦労したところで、

現状は変わりません。

逆に「恐れるものはあらわれる」

「悪いことをおもえば悪い出来事が起こる」と

いう潜在意識の作用により、

本当に不幸な現象が生じてしまう

恐れだってあります。

そうだとしたら、

潜在意識の作用を逆手にとり、

明るい将来のみを見つめ、

日々楽しく楽観的かつ肯定的に考え、

行動していこうではありませんか。

 

人生、悪いことばかりじゃないよ!

こんにちは!

サラリーマン心理カウンセラーです。

f:id:ECOUNSELOR:20190916072252j:image

 

イソップ寓話から負けたニワトリと言う話。

------------------------------------------------------

ギリシャのニワトリは

気性がとても激いと言われていました。

 

ある日、雄のニワトリ同士が、

餌の取り合いで激しい喧嘩をしました。

 

喧嘩に負けたニワトリは

恥ずかしくていたたまれなくなり

自分の住みかに戻って身を縮めていました。

 

一方、勝ったニワトリは餌を1人食べた後

屋根に上り他のニワトリを見下して

コケコッコーと自慢げに鳴きました。

するとその声をききつけた鷲が

屋根の上のニワトリをめがけて襲ってきて

餌食にしてしまったのです。

 

その後喧嘩に負けたニワトリは仲間たちと、

餌を分け合い、

仲良く食べることができました。

------------------------------------------------------

 

この話は

「世の中、何が幸いして何が災いするかわからない」と

いうことを解き明かしています。

 

人間万事塞翁が馬」とはよく言ったもので、

人生はどこでどうなるかわかりません。

今までとても順調に行っていた人が、

ある日、突然、奈落の底に

たたき落とされたかと思えば、

その反対に、それまで普通の日々を

送っていた人が一夜にして

成功をおさめてしまう場合もあります。

 

つまり、人生には苦楽がつきものなのです。

だから、運が悪いから、

不幸な現象がついたからといって、

悲観してはなりません。

 

一時的な現象に目を奪われ、

一喜一憂してはなりません。

 

一見すると、明らかに不幸な現象のように

見えても、実は幸福を招き寄せる

きっかけだったりするものだからです。

だからたとえ今が辛く苦しい日々が続いても

明るく、楽しく、朗らかに生きてください。

明るい未来のみを見つめるのです。

そうすれば、毎日が生き生きとし、

突然訪れるチャンスも掴みやすくなるのです。

 

いつも愚痴を聞いてくれてありがとう!

こんにちは!

サラリーマン心理カウンセラーです。

f:id:ECOUNSELOR:20190913234617j:image

皆さん!

愚痴や不満はどう対処されてますかー。

そんなお話です。

 

多くの人たちが、

愚痴や不満を吐き出したほうがいいと

信じていらっしゃるようですが、

これは本当でしょうか?

 

私たちの心の中には、

何か大きな壺のようなものがあって、

愚痴や不満を言わずに我慢していると、

どんどんその壺に不快なものが

溜まっていって、そのうちドバッと

あふれ出してとんでもないことに

なってしまう…

みたいなイメージを持ちなのかもしれません。

 

この愚痴や不満を言いたくなるという状況は、

「自分の願望」と「実際に起こったこと」を

天秤に乗せて、その釣り合いが

取れていない状況です。

 

こうなると私たちは、

このギャップをなんとかするために、

何か行動せずにはいられなくなるのです。

 

多くの人は、自分の、

今までよく使っている行動から

使いやすいものを選んでこの

ギャップに対処しようとします。

 

使いやすい行動の上位に

「愚痴や不満を言う」という行動が

入っている人は、

多分ためらうことなくそれを使って、

状況を変えようと試みることになるのです。

 

しかし、よく考えてみると、

不平不満や愚痴をこぼすと言う行動は、

願望と現実のギャップを

小さくする対処法として効果的では

ありません。

 

そもそも愚痴をこぼしても、

自分の願っている事は変わりませんし、

不満を述べても起こってしまったことが

思い通りになるわけでは無いからです。

 

では、なぜ多くの人たちが、

「愚痴や不満を吐き出した方がいいよ」と

思っているのかというと、

「そりゃそうだよね」

「あなたがそう思うの正しいわよ」と

自分の苛立ちを認めてもらうことで、

価値の欲求が満たされたり、

愚痴を受け止めてくれる人間関係が

私にはあるんだと所属の欲求が

満たされることで、

何もしないで我慢して溜め込むより

良い気分になれる、と

感じるためではないでしょうか。

 

ここで見過ごしてはならないのは、

愚痴や不満は

それを聞いている相手があるということです。

 

自分1人で壺に向かって吐きだすか、

夕日に向かってバカヤローと叫ぶなら

何の問題もありませんが、

会うたびに愚痴や文句や不平不満を

話し続ける人と関わっていくのは、

想像しただけでも

かなりしんどいものがあります。

 

ネガティブなことを話題にしても

壊れない関係を維持していけるのは、

その愚痴や不満を漏らしている時間を

上回って余りあるほどの、

楽しく快適な時間を共有している

関係に限られているのではないかと

思われます。